ゲームニュースブログ『フリークゲーマー』

コンソールゲーム関連ニュース

Wii miniがマリオカート同梱で米国発売

Wii miniがマリオカート同梱で米国発売
  • 2012年12月7日にカナダで、2013年3月22日にヨーロッパで発売していた「Wii mini」が米国で11月末から100ドルで販売予定。

Source : pixelenemy.com

大丈夫なのか任天堂・・・。っていうかWii Uはもう完全にい諦めたって事でいいのかな?まさかのWii miniアメリカ販売ということで、Wii U不振に喘ぐ任天堂の起死回生の最終兵器はWii miniだったという悲しい現実。

Wii miniをこのタイミングでアメリカに投入するということは、ホリデーシーズンにWii Uを売ることを諦めたと捉えてまず間違いなさそうだ。確かにPS4と比較してWii Uは価格競争力が高いわけではないが、Wii miniであれば低所得者層にとってはありがたいプレゼントになりそうだ。しかもマリオカートが同梱されているなら尚の事。

しかし、これによって任天堂の方針が明らかになったとも言える。つまりWii Uを売る気はもう無いよって事だ。確かにいまのまま利益率の低いWii Uを頑張って売ろうとするよりは、放っておいても売れるであろう安価なWiiで小銭を稼ぐほうが企業としては健全だろう。

任天堂の第2四半期短信ではWiiの方がWii Uよりもソフト・ハードともに売れているというのが現実問題なんだからね。その現実を見ればWii Uを捨てるという選択肢を誰が攻められるだろうか。任天堂を攻める立場にあるとすればすでにWii Uを手にしているユーザくらいなものだ。

今後は日本でもWii Uの存在感は薄くなっていき、Wii miniを日本国内でも販売するようになるかもしれない。しかしその時に一番の敵となるのはPS4でもXBOX ONEでもなく、PS Vita TVかもしれないけどね。

やっぱりソフトは大事だね。

任天堂2013年4月~9月は232億円の赤字 2013-10-30 20:45
任天堂の2013年4月~9月の短信が公開されました。好調のニンテンドー3DSですがWii Uが大きく足を引っ張り232億円の赤字となかなか散々たるものになっています。一世代前のWiiよりハードもソフトもWii Uは売れていません・・・。
Wii U版『スプリンターセル ブラックリスト』は最低の売上 2013-10-21 08:25
Wii Uでサードパーティのソフトを売る事がどれだけ大変なのかがわかる内容の記事ですね。結局のところファミリー向けゲームしか売れないわけだけど、中でもマリオとゼルダしか売れないという任天堂ハードの問題は確かに大問題です。
米任天堂レジー氏PS4、XBOX ONEのロンチタイトルに「まぁまぁ」 2013-08-31 21:09
確かにPS4やXBOX ONEのローンチラインナップに『マリオ』や『ゼルダ』は無いけど、他社のローンチタイトルを気にするよりWii Uのラインナップを心配したほうが良いのではないか、ってツッコミは野暮かな?
任天堂「2DS」発売とWii U値下げへ 2013-08-29 03:04
突然予想外の「2DS」発売とか!!裸眼3Dとは一体なんだったのか・・・。しかしWii U不振の中、あえて長所を伸ばす戦略に出た任天堂は勝ち気ですね。その姿勢はかなり評価できると思います。これで携帯機市場は盤石ですね。