ゲームニュースブログ『フリークゲーマー』

コンソールゲーム関連ニュース

Wii Uの無償提供される開発ツールはWeb Frameworkだった

Wii Uの無償提供される開発ツールはWeb Frameworkだった
  • 任天堂がデベロッパに無償提供するとされていた開発ツールはNintendo Web Framework for Wii UとUnity for Wii U
  • 日本国内の開発会社からの申請は不可

Source : nintendo.com

ガッカリ。ネイティブ環境の開発ツールではなくHTML5とJavascriptで構築するNintendo Web Frameworkが無償提供ってことなのね・・・。ネイティブのSDKとかではないということでガッカリです。

「Nintendo Web Framework」とはGDC 2013で任天堂が発表した開発環境で、HTML5やJavascriptを使って書いたコードをWii Uや3DSにポーティングできるという代物。確かにHTML5やJavascript開発者は多いけど、それでできることは意外とたかが知れている。いや、もちろんNWF独自のAPI群が用意されているとは思うけどね。

って考えるとPlaystation Mobileの方が全然良いよね。PSMはAndroidへのポーティングを含めてPS3やPS Vita、そしてPS4にも対応するわけだから。ゴリゴリのネイティブアプリが作れる環境として考えればNWFとは比較にならない。

NWFで実現できることと言えば「Angry Birds」のような、それこそスマホゲームに毛が生えた程度のものになっちゃうんじゃないだろうか。日本国内で無償提供しないってことを考えると「開発ツールを売って利益を得る」というスキームを捨てる気は無さそうだし。

そんなことやってたら本当にサードパーティに捨てられるぞ任天堂!

任天堂Wii Uにスマホゲームを取り込みV字回復狙う 2013-05-04 20:20
スマートフォンゲームをWii U向けに変換するソフトを任天堂が提供と。なぜ3DS用に変換せずにWii U向けに変換するソフトなのか、イマイチ理解に苦しむが3DSのスペック的に厳しいというのが現実問題なのかもしれない。