ゲームニュースブログ『フリークゲーマー』

コンソールゲーム関連ニュース

XBOX ONEのESRAMはPS4のGDDR5を超える性能を実現

XBOX ONEのESRAMはPS4のGDDR5を超える性能を実現
  • マイクロソフトが開発者にESRAMが88パーセント以上帯域幅が向上したことを伝えています。
  • 102.4GB/sと伝えられていたXBOX ONEのESRAMは理論値で192GB/sに向上したとのこと
  • PS4のGDDR5は176GB/sなのでXBOX ONEの方が理論的には帯域幅が太いということになる
  • 現実的なスループットは133GB/sくらい

Source : eurogamer.net

XBOX ONEが採用している低速なDDR3の欠点を補うためのESRAM(32MB)ですが、以前報じられていた102.4GB/sより88%も高速な192GB/sが理論的に実現可能との事です。ただ読み書きが同時に行われる場合は無理らしいけど。

Youtube Movie

PS4が採用したGDDR5メモリは176GB/秒という驚異的な帯域幅を持っていますが、XBOX ONEが採用しているDDR3メモリは64GB/秒とGDDR5と比べるとかなり見劣りします。

そんなDDR3の欠点を回避するために実装されているのがESRAM。超高速な帯域を持っているため、より高速な帯域が必要なデータを一時的に格納して高速に処理しようって魂胆のアレです。SSDフュージョンドライブを想像すればわかりやすいかも。

当初はESRAM(32MB)で実現できる帯域は102.4GB/秒と言われていましたが、マイクロソフトによると「理論値で192GB/秒でる」とのこと。この数値はPS4のGDDR5を上回る帯域幅です。

ただ、現実的には133GB/秒くらいらしいのでなんとも言えませんが、それでもPS4に引けをとらないポテンシャルをXBOX ONEが持っているというのは素晴らしいことですね。

今後、ドライバの最適化などによりさらに能力を引き出しやすくなっていくかもしれません。DDR3+ESRAMかGDDR5か、技術的な話なのでよーわかりませんがマルチタイトルでXBOX ONEだけ低画質!ってことにはなりそうもないですね。

XBOX ONEのESRAMはPS4と比較して速いのか 2013-05-24 08:19
まだXBOX ONEの詳細な仕様がMicrosoftから開示されていない段階なので、あくまで憶測の域を出ないが、XBOX ONEとPS4ではどちらの性能が高いのかを現時点で判明している仕様で比較してみた。