ゲームニュースブログ『フリークゲーマー』

コンソールゲーム関連ニュース

SEGA名越氏「MSの戦略は正直、ありがたい話」

SEGA名越氏「MSの戦略は正直、ありがたい話」
  • SEGA『龍が如く』シリーズプロデューサー名越稔洋さん曰く
  • マイクロソフトの戦略は開発費が高騰を続けるメーカーにとっては正直ありがたい話。
  • どちらが良い悪いという話ではなく、基本姿勢の違い。
  • ただ、やはりSCEの方がフレンドリーな印象

Source : 名越稔洋オフィシャルブログ「とりあえず乾杯デショ。」

ソフト開発を手がけ、かつSEGAの取締役という立場としては正味な話複雑な心境でしょう。これはSEGAだけの話ではなく、多くのソフトハウス、パブリッシャーにとって同じことでしょうけどね中古ゲーム問題に関しては。

中古ゲームや古本問題なんかは「購入したものが何なのか」という定義によるところが大きいため、想像以上に複雑な問題だったりします。ゲームを消費者が買う時に「ゲームソフトを買っている」のか「ゲームで遊ぶ権利を借りている」のか、現時点では曖昧なまま。

当然、違法コピーなんかは論外ですが、どれだけ中古ゲームが飛ぶように売れようとも開発者には1円足りとも入ってこないということが由々しき問題であることは否定の余地がありません。

次世代機に開発の主戦場がうつると、今度は開発費が高騰します。そんな中、少しでも収益性が「確保しやすい」スキームと考えるのは必然なのではないでしょうか。決して暴利を貪りたいという話では無いんです。

スクウェア・エニックスのように、コンソールゲーム開発での不採算が続くとソーシャルゲームやスマートフォン向けゲームに傾倒する企業が増える可能性もあります。そうなってしまってからでは遅いと私は思うんですよ。

プラットフォーマーとして利益を上げたいという話ではなく、純粋に「開発者が開発に見合った対価を得られる仕組み」というものは、MSもSCEも任天堂もしっかり考えて行かなくてはならないのではないでしょうか。

それにしてもMSへ逆風が吹くなかで、ある意味でMS擁護と取られかねない発言をした名越さんはゲーム業界の未来のこと、しっかり考えてますね!

MS幹部「XBOX ONEがイヤならXbox360がある」 2013-06-13 17:53
XBOX ONEの中古ゲーム対策に対する多くの批判に対して、MS幹部のDon Mattrick氏は「どうしてもインターネットに接続できない人向けの製品がある。Xbox360と呼ばれるものだ」と批判に対して回答した。
次世代ゲーム戦争、敗着の一手 2013-06-11 21:28
PS4とXBOX ONEによる次世代ゲーム機の覇権を争う戦いはE3開催を眼前に控えて勝敗を決したと言っても過言ではないだろう。少なくともゲーマーからの支持は圧倒的な差でPS4の完全勝利だ。
XBOX ONEの中古ゲームソフト対策の詳細情報 2013-06-07 11:38
XBOX ONEの中古ゲームソフト対策に関する詳細がengadget.comに掲載されています。概ね既存の中古売買を踏襲できるが、イニシアチブは販売元が握っているという感じですね。うまく非難の矛先をパブリッシャーに委ねた感じです。