ゲームニュースブログ『フリークゲーマー』

コンソールゲーム関連ニュース

XBOX ONEは2010年後半から開発開始

XBOX ONEは2010年後半から開発開始
  • マイクロソフトは2010年後半からXBOX ONEの開発に取り組み始めた
  • SONYは2007年からPS4の基礎研究・開発に取り組み始めた事を明言している

Source : gamingeverything.com

次世代コンソールが3年足らずの設計・開発期間というのは驚くほど短期間ですね。行動が早いというか拙速というか・・・。もちろん開発期間が長ければ優れているという話ではありませんが、PS4の半分の期間しか費やしていないXBOX ONEってどうなんでしょう。

PS4の開発が2007年、つまりPS3リリース直後から開始していたことはPlaystation Meetingでマーク・サーニーが既に明らかにしていますが、MicrosoftがXBOX ONEの開発に着手したのはそれから3年後の2010年後半になってからとのこと。

たった3年間でよくここまで大きな路線変更をできたものだと関心はしますが、Microsoftは様々な開発セクションを持っているため、意思統合が難しく今回のような形になったのかもしれませんね。

時間をかければ良いとは言いませんが、今回の大きな路線変更を鑑みるとやや拙速だったのではないかなという感は否めません。マルチエンターテイメント路線は既定路線であったとしても、Kinect必須バンドルやDRM問題など、もうちょっと熟慮すべき点は多く見受けられますからね。

XBOX ONEのハードウェア的な部分はx86アーキテクチャでPCに近い汎用的なものなので、基礎研究などはほぼ不要のアリモノですのでPS4との性能差で水をあけられたのはまさにそういう部分かもしれませんね。

XBOX ONEのESRAMはPS4と比較して速いのか 2013-05-24 08:19
まだXBOX ONEの詳細な仕様がMicrosoftから開示されていない段階なので、あくまで憶測の域を出ないが、XBOX ONEとPS4ではどちらの性能が高いのかを現時点で判明している仕様で比較してみた。