ゲームニュースブログ『フリークゲーマー』

コンソールゲーム関連ニュース

XBOX ONEの中古ゲーム対策に関する噂

XBOX ONEの中古ゲーム対策に関する噂
  • (1)中古ゲームをMicrosoftと契約している中古ゲーム買取店に持っていく
  • (2)ユーザのアカウントからゲームのアクティベーションが解除される
  • (3)中古ゲーム買取店は任意の価格で販売してよいが、手数料をMSとパブリッシャーに払う
  • 中古ゲーム販売店の取り分は10%に満たない利益になる

Source : gematsu.com

あくまで噂段階ですがAzureベースのゲーム管理は可能性として高いでしょうね。この仕組がうまく軌道にのれば開発者やパブリッシャーにとっては素晴らしいメリットになるでしょうね。小売店を殺すものではないだろうし。

可能であれば中古ゲームを一掃したいと願うことはプラットフォーマーやパブリッシャー、そしてディベロッパーにとってひとつの理想であることは言うまでもないだろう。中古ゲームがいくら脚光を浴びようとも、開発者やパブリッシャーには一銭も入ってこないのだから。

しかしいちゲームユーザとして見れば、例えば「クソゲー」を掴まされた時にそれを換金することもできないというのは悲劇以外の何物でもない。または予算の少ない子供は次の新しいゲームを手にするための資金を得るための手段をひとつ失うことになる。

実際のところほとんどのゲームは書籍やCDとは異なり「やらなくなったら一生やらない」のが常である。一生やらないゲームを箪笥の肥やしにするよりは、換金して次のゲームを買うための資金にしたいと誰もがそう望むのではないか。

そう考えれば今回のこの噂の仕組はある意味で中古買取・販売を行なっている小売店と開発者・パブリッシャ・ゲームユーザのちょうどいい妥協点なのではないか。中古買取・販売を行ってる企業にとって純利益を圧迫する仕組みであることは言うに及ばないが、それは中古販売価格の値崩れを防ぐという捉え方もできる。ある程度の利益を確保したければ、安売りはできなくなるためだ。

とはいえ、こういった仕組みが構築されればユーザはより一層、ダウンロード購入にシフトすることは明らかだ。しかもXBOX ONEではダウンロード購入したソフトの交換や売買に対応するという話もある。

中古ゲームはゲーム開発企業やパブリッシャーを圧迫する悩みの種だ。どういうアプローチにせよ、それを解決するための施策を行うMicrosoftを私は支持したい。

XBOX ONEの中古ゲーム対策と常時接続 2013-05-23 15:34
なんらかの形で海賊版対策は必要不可欠だとは思いますが、やはりアクティベーション(オンライン認証)をXBOX ONEは導入したようですね。シムシティの二の舞にならなければよいのですが。中古ゲーム対策もかなり評価は分かれそう。
次世代Xbox『XBOX ONE』のQ&A Kinect接続必須 2013-05-22 17:28
Xbox360との下位互換やKinect必須など、ちょっと気になるQ&AがMicrosoftのオフィシャルブログに掲載されています。でも常時接続が不要でよかった。中古ゲームも一応遊べるようだし。