ゲームニュースブログ『フリークゲーマー』

コンソールゲーム関連ニュース

任天堂 2013年ソフト売り上げ52%アップ

任天堂 2013年ソフト売り上げ52%アップ
  • 2013年の18週間、米国で210万本の3DSソフトを販売(2012年は30週間かかった)
  • Wii Uは2013年後半に多くのファーストパーティタイトルを用意

Source : news10.net

やはりコンソールの販売台数を後押しするのはファーストパーティタイトルですよね。任天堂の自社タイトルが磐石の布陣になれば、当然ハードも売れるし、ハードが売れればサードパーティも参入しやすくなるでしょう。

現時点で好調なのは3DSのようですが、ファーストパーティータイトルの開発が遅延しているWii Uも今年後半には多くの強力なラインナップが揃いそうです。

『ピクミン3』『マリオカート』『スーパーマリオブラザーズ』『ゼルダ』『大乱闘スマッシュブラザーズ』などなど売れるタイトルは確実に揃いつつあります。さらにUBIソフトから『ウォッチドッグ』『アサシンクリード4』『スプリンターセル』などの強力な援軍も控えています。

恐らく2013年のホリデーシーズンにはWii U値下げは確実にあるでしょう。PS4や次世代Xboxに比べて1年間のアドバンテージがあるWii Uはそこで大きな勝負を打つことができます。次世代機の半値程度で買えるコンソールになる可能性もあるわけです。

やはり任天堂の一番の長所は「素晴らしいゲームソフトウェア」。そしてその素晴らしいゲームを体験できるのは任天堂機だけです。Wii U不振が叫ばれても、まだまだ任天堂はこの現状を挽回するチャンスはあります。

素晴らしい任天堂の快進撃に期待しましょう!

Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC)』に関するニュースや詳細情報
発売日:2012-12-08
発売元:任天堂
プラットフォーム:Wii U
とびだせ どうぶつの森』に関するニュースや詳細情報
発売日:2012-11-08
発売元:任天堂
プラットフォーム:3DS
UBIソフトはいつまでも任天堂の味方 2013-05-19 16:59
UBIソフトはエレクトロニックアーツとは違っていい会社ですね。『WATCH DOGS(ウォッチドッグ)』や『アサシンクリード4 ブラックフラッグ』などをWii Uでリリースすることにより、全面的に任天堂を支援する予定のようです。